ホルモンバランスによるニキビ

女性は生理前などにニキビで悩まされる方、多くいらっしゃいます。その理由としては、ホルモンバランスが影響されていることが多いのです。生理前になると女性ホルモンが活発になりニキビができてしまうのです。ホルモンバランスでできたニキビは薬などを使用するよりも、なにもせず待った方がいいという場合もあります。生理が終わりホルモンバランスが落ち着いてくると、治る場合が多いのです。あまりストレスに感じず、もうちょっとしたら治るだろうという心構えでいたほうがいいでしょう。また妊娠中の方も、ホルモンバランスが崩れたりすることで、ニキビや肌荒れなどで悩まされる方は多くいらっしゃいます。この場合もあまり触れたりしないことをおすすめします。どうしても気になる方は、市販の薬よりも皮膚科などを受診して、処方された薬を使用するといいでしょう。またこの時期は、肌に負担をかけないためにも、新しい化粧品などを始めることは控えた方がいいでしょう。悪化させてしまう危険性があるのです。悪化すると治りにくくなりますので、いつもよりも薄目のメイクで、洗顔においてもしっかりとたっぷりの水で洗うことをおすすめします。あまり気にせず、時期がすぎるのを待ちましょう。